« 2015年7月 | トップページ | 2016年2月 »

文高連シニアによる浴衣の着付け教室
                                        平成27年7月18日(土)実施

Yukatakitsuke_20151015_1_800_2 Yukatakitsuke_20151015_2_800
 わからないことも丁寧に細かなアドバイスを添えて教えてくださったおかげでとてもよくわかりました。時間も十分にあったため、その場で何度も着る練習をして家でもいただいたアドバイスを思い出しながら復習したことでしっかりと身についたと思います。今年は是非浴衣を着る機会を増やして成果を出したいと思います。

(跡見学園女子大学 木村優里)

Yukatakitsuke_20151015_3_800

 最初は難しそうで不器用な私にはできないと思っていましたが、先生方が優しくわかりやすく教えてくださり最後は自分で着付けることができるようになりました。始めは先生に助けてもらいながらでしたが、自分で着ることができた時は達成感でとてもうれしかったです。後日、文京区の「朝顔・ほおずき市」に自分で浴衣を着付けて行ったとき、偶然先生方にお会いして「先生!自分で今日着つけてきました!どうですか?」とチェックしてもらいました。「帯もきれいに結べて良くできてるじゃない!練習した成果よ!!」とほめていただいてとてもうれしかったです。
この夏は帯の結び方を自分でアレンジしたり、友達の浴衣を着つけることもできるようになりました。

(跡見学園女子大学 服部有那)
Yukatakitsuke_20151015_4_800

目白台交流館「シニア・カフェ」
                              (平成27年7月4日・12月5日実施)

「シニア・カフェ」とは跡見学園女子大学心理教育相談所<ATOMIさくらルーム>が行っている、高齢者の方と大学生が一緒に集まり、楽しく過ごす会です。
H27年度は、目白台交流館で開催しました。
 

第1回目の様子

Seniorcafe_20151015_1_567
Seniorcafe_20151015_2_567 Seniorcafe_20151015_3_567
普段はほとんど関わることのない高齢者のみなさんと関わることができ、とても楽しい時をすごせました。
子どもの頃をテーマにおしゃべりしたとき、高齢者の方は「子供の頃は何もなかった」とおっしゃっていました。
でも、それだけに、何もないところから遊びを生み出すという発想力が長けているのではと感じました。
一方で、近年ではスマホなどの普及により、私たち若い世代は発想力が欠けているのではないかと思います。

   このように、高齢者のみなさんとの会話を通して、同世代の人にはない考え方や感じ方などを知ることができ、価値のあるものになりました。
みなさんとても元気で、いきいきとしているのがとても印象的でした

(跡見学園女子大学文学部臨床心理学科 3年 川良 紗智子・ 木下 莉彩子)






« 2015年7月 | トップページ | 2016年2月 »